素材の特徴|ナプキンを見直すと敏感肌の人もかぶれが軽減される

素材の特徴

ウーマン

敏感肌用の紙ナプキンでもかぶれが出るという人は、布ナプキンの使用を検討しましょう。布ナプキンなら下着と同じ布でできているため、肌が弱い人でもかぶれにくいです。紙ナプキンでは防水部分にビニール素材が使われていることも多く通気性が悪いのに対して、布ナプキンなら防水部分まで布でできていて肌触りがいいです。しかし、通気性があっても経血が漏れてしまわないか不安に思う人もいるでしょう。布でできてはいても、防水加工が施されているため経血が漏れる心配はありません。また、防水部分の厚みを調整することで経血量が多い日にも対応することができます。
布製のものを使うことのメリットは、かぶれにくいということの他に生理痛が軽減されるというものがあります。紙製の商品には化学物質が含まれており、それがデリケートゾーンから吸収されてしまう場合があります。そうすると化学物質を体外へ出そうとして生理痛が重くなる人もいるのです。布でできたものなら化学物質が使用されていないので生理痛を軽減することができます。
布ナプキンの使用が初めてだという人の場合、交換のタイミングなど使用方法が分からないことがあります。紙の製品のときと同様、汚れてきたらこまめに交換することが大切です。濡れた状態のまま長時間使用してしまうと、経血が漏れる恐れや、かぶれやかゆみに繋がります。また、汚れていない場合であっても水分が付着していることが多いので、1時間おきを目安に交換しましょう。