ウーマン

素材の特徴

布ナプキンは防水部分にも布を使用しているので、ムレにくくかぶれが軽減されます。通気性がいいということの他に、肌触りのよさやつけ心地の軽さ、生理痛が軽くなることから人気があります。

商品によって違う

女性

ナプキンは生理中に欠かせないものですが、ナプキンが原因でデリケートゾーンがかぶれてしまうことがあります。普段から敏感肌である人はもちろん、普段はそうでない人でも生理中は肌が敏感になっているのでかぶれやすいのです。ナプキンをつけてかぶれる大きな原因は、ムレによるものです。ナプキンというのは経血が漏れるのを防ぐために高い防水性を持っています。防水性が高いと経血が漏れずに安心である一方、水分が蒸発しにくいため肌にはよくありません。なるべくかぶれを解消したいと考えるなら、敏感肌用のナプキンを利用しましょう。
敏感肌用の商品の中には、コットンを使用したものがあります。コットン素材のものは肌への負担が少ないためかぶれにくいです。吸収力は残したまま水分を逃してくれるので、むれにくくなります。また、ごわごわした肌触りの素材では、擦れることでデリケートゾーンにダメージが与えられます。擦れてしまうとかぶれが悪化し、かゆみや痛みの原因になってしまいます。コットン素材のものなら擦れても肌へのダメージが少なく、痛みが出にくいです。
症状を軽くしたいと考えるなら、使用されている素材の他に、経血量に合わせたサイズを選ぶことが大切です。取り替えるのが面倒だと考える人や、忙しくてこまめに取り替えることができない人の場合、大き目のサイズを選んでしまうことがあります。しかし、サイズが大きいとその分接触する面積が大きくなりかぶれやすくなります。なるべく必要以上に大きなものを選ばないようにしましょう。

悩むレディー

手入れのポイント

布ナプキンであっても、洗浄を丁寧に行わないと雑菌が繁殖してかぶれの原因になります。手入れの際の注意点やその方法について知り、清潔な布ナプキンを使用しましょう。つけ置き洗いなのでそれほど手間はかかりません。

お尻

好みに合わせた選び方

布ナプキンの中にも形状の違いや厚みの違いなど様々なものが販売されています。目的や好みに合わせて選びましょう。かぶれやすい体質の人なら、防水加工がされていないものなど肌に優しいものが適しています。